なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らーめん(790円+味付け玉子(120円+ワンタン180円」@らーめん 風花の写真丁寧な麺づくり、やさしい味わいは、まさに店主の性格そのもの(のような感じがする。)

金沢に来ています。

基本ランチにいっぱい食べて夜は軽めに、そして朝は持ち帰り寿司が多いです。この日もランチで寿司を目いっぱい食べたため、夜は抜いてもいいかって一瞬思ったくらい。いやあ、いくらなんでもそれはダメダメでしょう。金沢に来て6泊、夜が6回しか来ないのに一回スルーするなんてありえません。65歳まではね。しかし65歳を超えると徐々にそうも言えなくなって来てるんですよ。

なんか軽くて旨くて、ブックマークなんかしてる店なかったなかあ。で思い出したのが風花です。別院通りはほぼ毎日通りますし、風花もほぼ毎日見てますから比較的すんなりと思い出しましたよ。ジブン的には上出来。

別院通りからそう遠くない老舗の寿司屋で食事をしているときに、訊かれたんです。

『そっちの通りでどこか行った店はありますか?』

『えっと、謎屋珈琲店とかみや川菓子舗、日々魚数寄 東木とか風花なんかです。』

『風花にもいらしたんですね。あそこの方は確か脱サラだったような覚えがありますよ。』

言われてみればそんな感じがしなかったわけでもないですが。その日はおなかが空くまで待とう、とは思わずに、空いているうちに行っちゃおうとほぼ口開けでの入店です。

カウンター席の中央付近に座ってメニューを拝見。これにしました。

*らーめん(790円)

*味付け玉子(120円)

*ワンタン(180円)

店主の麺づくりは中央ではなくてちょっと奥目でしたので、細部は見えませんでしたが。言えることは実に丁寧なんですよ。唯一の例外を除いては。それは湯切り。かなり力が入ってました(笑)。

さ、4分ほどで配膳ですよ。

最初に目を惹くのがめんまの量。めんまラーメンとまでは言えないまでも、ここまで乗せてくる店はそうはないですよ。りっぱな大きさのめんまなんで目立ちます。これ食感もよくて、めんま増しがうれしい限りです。

スープは濁り系でカエシが濃そうな色をしてますが、のんでみると見かけとは違って優しい感じの鶏魚介。和風な感じで動物系も魚介も前に出しゃばって出てくる感じではありません。濃い味、ぎらぎらに慣らされてしまっている人には物足りなく感じるでしょう。しかし本物の食材の味を重視している人にはこれだ、と思わせるナチュラルな味。人それぞれですからね。

麺は中細ストレートでしっかり目に茹でてあります。これも若い人の中には物足りなく感じる人がいるかもしれませんね。やや厚めのバラチャーシューと1日くらい漬け込んだ感じの味玉。

ワンタンは器具を使って作ったような感じでひだひだが手で押した感じではありません。肉少々、皮やや厚め。

ゆっくりと味わって食べる派には旨いラーメン。やっぱり店主の性格だと思うんですけどね、このやさしい味わいは。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。